第 43 回 人間総合科学大学 生涯学習公開講座

テーマ : 冬に備える心身健康の知識と実践 ~誤嚥と転倒を考える~  

 人間総合科学大学で開催する「生涯学習公開講座」は、こころとからだの健康について、最新医療や先端科学から題材(テーマ)を選び、学内外から著名な研究者をお招きして、講演を行う公開講座です。

 今回のテーマは「冬に備える心身健康の知識と実践 ~誤嚥と転倒を考える~ 」です。

 驚くと心臓がドキドキする、胃腸の調子が悪いと気持ちが晴れないなど、私たちの『こころ』と『からだ』は互いに影響しあっています。これを「心身相関」といいます。この心身相関の現象は、環境の影響も多分に受けており、例えば冬になり日照時間が短くなると、うつ状態や不安を感じやすくなります。また、気温低下は筋肉をこわばらせて動作に支障をきたします。そこで、今回はまず『こころ』と『からだ』がつながる仕組みについて理解し、次いで「誤嚥」(飲食物が誤って器官に入ること)と「転倒」の原因や予防対策について学び、解消するための方法をみなさんと一緒に実践します。心身ともに健康を維持するための知恵を、年末年始の冬支度に役立てていただきたいと思います。

 みなさまのご参加、お待ちしております。

ご案内パンフレット(PDFファイル)

※タイトル、講師、講演内容は一部変更となる場合がございます。

開催概要

テーマ 冬に備える心身健康の知識と実践 ~誤嚥と転倒を考える~
日程 2019 年 12 月 14 日 (土)
時間 13:00~16:10
会場 人間総合科学大学 岩槻キャンパス
定員 250名
受講料 無料
主催 人間総合科学大学
協賛 日本心身健康科学会埼玉まなびぃプロジェクト
後援 埼玉県蓮田市さいたま商工会議所大学コンソーシアムさいたま

お申し込みはこちらから

※本講座は心身健康アドバイザー更新ポイント(2ポイント)の取得対象となります。
※心身健康アドバイザーの方は、申し込みフォーム下方の「所属」欄から「心身健康アドバイザー」を選択してください。